スポンサーサイト 

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豊田佐吉翁の念いは・・・ 

 2012-02-04
中日新聞より。

トヨタグループ、販売958万台へ 12年計画
2012年2月3日 23時54分

 トヨタ自動車はダイハツ工業、日野自動車を含めた2012年のグループ世界販売計画を、過去最高の958万台に設定した。世界首位の米ゼネラル・モーターズ(GM)が11年に記録した903万台を上回る水準となる。

 トヨタが3日、発表した。東日本大震災やタイの洪水などの影響を受けた11年と比べると、21%の大幅な伸びになる。

 内訳はトヨタ858万台、ダイハツ85万台、日野15万台。国内販売は、トヨタの163万台を含め、グループ全体で232万台となり、11年比で30%増。

 12年は、国内販売で「エコカー補助金」による押し上げ効果を見込む。海外でもアジアを中心とする新興国市場で現地生産を増強し、販売増につなげる考えだ。

 世界の自動車販売は、グループ単位で順位付けされることが多い。これまでトヨタグループの世界販売で過去最高だったのは、リーマン・ショック前の07年に記録した937万台。


12年計画であるならば、
「トヨタは空飛ぶ車を作らなあかん!(アメリカに先越されいてる場合でない!)防衛産業もトヨタの技術で作るべし!」……と、あの世で佐吉翁が今日もおっしゃっているに違いない。

それにしてもTOYOTAの様な大企業は、消費税分が還付されるとはいえ、増税により景気が悪くなれば車だって売れないし、消費税も所得税も国民一人ひとりから(しかも働いていない子どもや年配の方からも)お金を取るもの。決して人事ではないはずです。

ましてや、中小企業は消費税が還付されるわけではなく、潰れていく企業も少なくありません。

世界のトヨタであっても、中小企業に支えられているのではないか。
国(民)のお役に立ってこそ、世界のトヨタと胸を張れるのではないか、と私は思います。

佐吉先生はどのようなお気持ちで、今のトヨタをご覧になっておられるでしょう・・・。

DSC_0814.jpg
日泰寺。佐吉翁のお墓参りにも行かせて頂きました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。