スポンサーサイト 

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月19日 新日米安全保障条約 調印50周年記念 

 2010-01-19
皆様、今日は何の日かご存知ですか?

1月19日は新日米安全保障条約 調印50周年記念日です。

私たち幸福実現党は、昨年の衆議院選挙で、日本の平和は日米同盟があったから守られてきたのである!と皆様にお伝えして参りました。

しかし、鳩山政権発足以来、日本はずっとアメリカの期待を裏切り、信頼を裏切っているようなことばかり繰り返しているように思います。

まず、①つめは「普天間基地移設問題」です。十数年もの時間をかけて日米で築いてきた合意を、何のためらいもなく白紙にしたり、日米首脳会談では、オバマ大統領に「トラスト・ミー」と言っておきながら翌日には撤回・・・日本は信用ならない国だと思われています。

しかも、鳩山首相は、この普天間基地の問題を、国政の問題であるにもかかわらず、国民の生命に関わる問題であるにもかかわらず、わずか6万人にも満たない名護市民に丸投げしている状態です。更に、日米同盟を破棄しようとしている団体が、この選挙をチャンスとみて動き出しています。もし、この選挙で島袋氏が破れると、普天間基地問題は迷宮入りし、日米同盟に亀裂が入ることは間違いありません。

日本の安全保障にとって、「日米同盟」は、生きるか死ぬかに関わる重要な問題です。ところが、鳩山政権は「日米同盟は安全保障のみに限らない」とし、軍事以外での協力を重視しようとしています。

しかし、「日米同盟」は、「軍事同盟」です。

日米安保とは、アメリカが日本を守る代わりに、日本は国内にアメリカ軍を駐留させるという「契約」です。

そして、この「在日米軍」の存在が、日本と東アジアの平和に欠かせない抑止力となっているのです。強力な軍事力と核ミサイルを持っている中国や北朝鮮が、日本の領土に手出しが出来ないでいるのは、「日本に85ケ所の米軍基地があり、日本がアメリカの「核の傘」に守られているからです。もし、アメリカ軍が日本から撤退するようなことがあれば、中国や北朝鮮が乗り込んでくるのは明らかです。

そうした危険を、民主党政権は正しく見ようとしているのでしょうか??

(続く・・)
DSCF0593-thumb-250x187-454.jpgDSCF0595-thumb-250x333-456.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。