スポンサーサイト 

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛知県本部 大勝利の集い 

 2016-05-05
5月5日、愛知県本部の皆様の前で、お話をさせて頂く機会を頂きました。
決意表明のつもりでおりましたので、
この日に向けて、自分の心と向き合ってきました。

まずは、愛知県本部の皆様に、心からの感謝を込めて、二年間、仕事を通じて得た学びをお話させて頂きました。

必死で仕事をする中で、学んだこと。

一つ目は、「ポストが赤いのも、本当に自分の責任だった!」ということ。
いつか自分も、本当にそんな風に思えるようになりたいと思ってはいたのですが、
ある夜、ポストに投函に行った際、ポストを見て、泣き崩れたことがありました。
とにかく、ポストを見た瞬間に、涙が止まらなくなったのです(笑)

「電信柱が高いのも、ポストが赤いのも、全て自分の責任」一倉定

色々なことが、思うようにならない!と思っていたのですが、とんでもない…
本当に、ポストが赤いのも、私の責任だったということが、よくよくわかりました。

二つ目は、「志以上の結果は得られない」ということ。
自分で立てた目標を、かろうじて達成したものの、自分の志が小さかったことを、後悔しました。

志以上の結果は、絶対に得られない!

そう深く実感いたしました。

三つ目は、「未来は思った通りに具現化する」ということ。
未来をもっと具体的にありありと描いておけばよかった!と反省しました。

そして、
私にも奇跡が起こせるんだ!ということ。
目に見えない存在にも助けられ、気づけば奇跡が起きていた…
そんな経験をさせて頂きました。


思い起こせば、2010年に、初めて参議院選挙の候補者として戦わせて頂いた際、私は、
「幸福実現党と共に成長させて頂く」
「幸福実現党と生死を共にする」
そのような覚悟で戦っておりました。
そして、本当に多くの方に育てて頂きました。

2013年の参議院選挙では、
「残りの人生、全てを捧げます」と、子ども達の未来を守るために、公人として生きる決意を致しました。

そんな私であったにも関わらず、
私は、大会前日までずっと、悩み迷い苦しんでおりました。
何と闘っていたのかというと、
「自分の中の、この世の常識」と、闘っていたのです。

しかし、やっと、決意を固めることが出来ました。
そして、皆様の前で、決意を述べさせて頂くことが出来ました。

私は、
幸福実現党 参議院第一党を目指して戦います。

釈党首と一緒に国会で仕事をします。
許認可行政の一つである保育業界の改革を通じて、自由の大国を目指します。

そして、私は、自分の中の、この世の常識に、必ず勝利します。

私は、第一党を目指さないと、力が出ないんです!

少し勇気がいりましたが、等身大の自分で、正直な気持ちを伝えることしか私には出来ないと思い、心の中にある念いを、包み隠さずお伝えさせて頂きました。

そんな私の決意表明を、受け止めて下さる皆様のご慈愛に、大会後、皆様のお顔を見ながら涙が溢れて止まりませんでした。
(濡れた手での握手になり、申し訳ありませんでした…)


2009年 衆議院選挙において、幸福実現党は全選挙区に候補者を擁立しました。
その時、大川隆法総裁は、未来を指差し、「第一党を目指します!」と宣言され、自らも候補者として立たれました。

以来、幸福実現党が第一党を目指すチャンスはありませんでした。
今回の参議院選挙、幸福実現党は、全選挙区に候補者を擁立しております。
第一党になるチャンスが再び用意されました。

バカだと言われてもいい。
私は、参議院第一党を目指して戦うんだ!
そう決意を固めさせて頂きました。

志以上の結果は、絶対に絶対に、得ることは出来ないから。

心の世界は自由です。
なのに、縛りをかけていたから、苦しかった様です。

ここまで私を育て支えて下さった皆様に、心から感謝し、
決意新たに、再始動いたします!!

まだまだ若輩者ではございますが、
今後とも宜しくお願い致します。


この日は、我らが釈党首と、山田局長も駆けつけてくださいました。
私も党首とツーショット写真☆彡
嬉しい…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。